指導している先生は足りているか?

運動系の習い事の場合は、指導したいる立場の人が足りない場合には、手が回らないために時間の半分は遊んで過ごすという事もあります。

遊んで過ごしても月謝は変わらず、遊んで過ごすのであれば、高い月謝を払ってまでは習う必要はありません。

これだけの生徒の人数がいて、先生がこれだけしかいないの?という運動系の習い事もあります。

いくら頑張っても一人あたりが見る事が出来る人数は、どうしても限られてしまいますよね。

指導する立場の人が足りていない場合には、平等に指導をしてもらうことができないために、子供同士の関係にも影響をしてしまいます。

特に女の子だけの運動系のチームの場合には、僻みが結構すごいので、明らかに指導する立場の人が足りない場合には、その教室に入会することは控えましょう。

出来るだけゆとりを持って指導をしてもらうことができる、運動系の教室を見つけましょう。

特に良い成績を残している教室の場合は、人気が高く指導する側の立場の人の人数が、不足していることもあるために、指導方法ばかりだけではなく、指導はしっかりと行き届いているかチェックしましょう。

指導する立場の人が足りない場合には、もしも何か起こってしまった時に、迅速に対応してもらうことができません。

このページの先頭へ