教室へ無理なく通えるか?

習い事を始める前に、今の状況で無理なく通うことができるのか、しっかりと考えてから習い事を決めましょう。

例えば、少し教室まで距離がある場合には、雨の日や天気が悪い日には、どうやって通うかも考えておかなければ、実際に通い始めてから後悔することになってしまいます。

まだまだ落ちつきが無い子供の場合には、周りにも迷惑をかけてしまう事があるために、ある程度落ち着いてから通う事をお勧めします。

特に勉強系の場合には、一人が騒いでしまうと他の子供にも伝染してしまい、授業がストップしてしまう事があります。

特に幼児期から勉強系の教室に通うときには、多少は仕方がなくても、ある程度話を聞くことができるのか、体験コースでチェックしましょう。

いくつもの習い事を掛持ちしているケースもありますが、どれも中途半端になってしまうために、毎日何かの習い事があるという事は控える様にしましょう。

子供は習い事ばかりではなく、息抜きも大切です。

大人でも息抜きをしなければストレスがたまってしまう事もあるので、子供であれば余計に息抜きも大切です。

習い事を掛け持ちする場合には、一つの習い事が慣れてきてゆとりが出てきたら、他の習い事も始めてみましょう。

このページの先頭へ