続ける事の大切さを教える事

習い事は初めの頃は楽しいものですが、必ず行きたくなくなってしまうときが来ます。

辞めたがっている我が子に続ける事の大切さを教えるというのは、結構大変でつい「そんなに嫌なら辞めてしまえば?」と、言いたくなってしまいます。

しかし、嫌になったらすぐに辞めるという事は、これから先娘にとって絶対にマイナスになってしまう事は間違いなしなので、とことんやって駄目ならやめるという選択肢はあるという事を教えるようにしています。

習い事の時間になると、行きたくないと文句を言っていたり、行っても全くやる気が感じられないときには、時間をかけてでも話をしました。

運動系も勉強系も思う様に効果が得られると気ばかりではないので、スランプに陥っても仕方がないことです。

しかし、そのスランプを乗り切ることによって、必ず自分にプラスになるという事を教えてあげるという事も、親の大切な仕事です。

諦めずに頑張った結果、出来なかったことができるようになることで、自分に自信を付けることができると同時に、続ける事の大切さを知ることも出来ます。

大人でも一つのことを続けるという事は大変なことなので、子供なら余計に続けるという事は、負担に感じてしまうものです。

このページの先頭へ