結果が出せなかった時のフォロー

娘がフットサルを始めて5年目。

やっとの思いでレギュラーになることが出来たのですが、結果が上手く出せなかったときのフォローは結構難しいです。

私は良かれと思っていったことでも、娘にとっては逆に傷つけてしまう事もある。

その為に上手く結果が残せなかった場合には、あえてフットサルの話題は出さないように、普段通りの会話をするようにしています。

私が暗い顔をしていたらそれが娘にも伝わってしまうために、余計にマイナスに考えてしまう。

娘から話題が出たら、「こんなところは駄目だったけど、こんなことができたでしょ」と、上手くできた部分を褒めるようにしています。

出来なかったことを言っても、もう後戻りはできないので、これからもっと頑張ろうと思うことが出来るような、気持ちの持って行き方を心がけています。

学習系の習い事でも、テストで思ったような点数が取れなかった場合は、出来た部分をもめてあげる事で、随分と気持ちも変わります。

内心はがっかりしても、絶対に顔には出さないようにしています。

いつも良い結果ばかりを残すことができるのであれば、わざわざ習わなくても良いものです。

いかにうまくフォローをするかが、私の宿題だと思っています。

このページの先頭へ